naisanpo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naisanpo

デジタルガジェットから写真/カメラ/旅、セキュリティのことまで。

京都の町家は敷居が高い?はじめての町家宿泊

京都 旅 (散歩) 行ってきた

sakura

京都の町家に泊まってみたい。

「でも、お高いんでしょ?」

そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、実際は町家の宿泊費もそれぞれで、お手頃価格で泊まれるところもあります。

場合によっては、ビジネスホテルに泊まるより安い。

今回ご紹介する京都の町家「桜香楽 本店」もそんなリーズナブルな町家宿泊施設。

sakarakyoto_com_wp_

桜香楽

「桜香楽 本店」はデザインの異なる以下の4つの部屋で構成されています。 ”Bamboo Suite、Hinoki Suite、Sakura Room、Ninja Room”

また、「桜香楽」は本店の他に、祇園と白鶴のロケーションの違う2種類があります。

今回は、本店のSakura Roomに宿泊。

地下鉄東西線東山駅から徒歩2分のところにあります。

地下鉄の出口を出て路地に入ると、小さな商店街があります。 その商店街を進むと桜香楽 本店があります。

DSCF5033 DSCF5060

玄関は一日中空いていて、入ると受付があります。 この時は、ベトナム人の女性が受付をしてくれました。 海外からのお客さんが多いそうです。

 

IMG_9059

IMG_9058
受付のそばにもう1つ扉があり、そこには鍵がかかっています。
その扉は受付時に教えてもらう暗証番号で開けます。 店員が24時間常駐しているわけでないため、夜間は無人の受付を通り、自分で暗証番号を入力して開ける方式です。

 

部屋の様子

DSCF5034
誰かの家に来たみたい。 町家ですが、完全に和ではありません。
今回の部屋は、ベッドとロフトがある洋式な感じ。

 

DSCF5047
テレビも電話もあります。

 

DSCF5045
キッチンまわりも一通りそろっています。
電子レンジと冷蔵庫もあるので、パーティーもできますね。 DSCF5037
ベッドはダブルが1つあります。
あとは、ロフトに布団セットがありました。

 

DSCF5056 DSCF5055
お風呂とトイレ、そして洗濯機まであります。
暮らせる・・。

 

DSCF5049
木の格子がついた窓からは、先ほど歩いてきた商店街が見えます。
(この部屋は2階でした。)

周辺環境

RAW-5069 八坂神社

 

RAW-5121
観光地までのアクセスもよく、平安神宮や八坂神社があり徒歩圏内です。
少し足を伸ばせば、清水寺まで行けます。実際自分は歩いて行きました。

 

DSCF5063
すぐ近くには、綺麗な川が流れていました。

 

鴨鍋
夜には先斗町まで歩いて行って食事し、また歩いて帰ってきました。
写真は食べた鴨鍋。

お値段

お値段は部屋によって異なり、今回のSakura Roomは、1泊あたり通常時13,000円で、紅葉などのシーズン時は15,000円です。 1部屋あたりの値段なので、宿泊した人数で割れば安いですね。 ※この部屋は最大定員2名でした

詳細はWebページをご覧ください。

旅行の楽しみの1つの、旅館の食事と温泉についてはこの町家では味わえませんが、観光に特化して京都に来る人には本当におすすめです。 ※長く泊まると値引きもあるようです