naisanpo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naisanpo

デジタルガジェットから写真/カメラ/旅、セキュリティのことまで。

iOS8,9で追加された地味だけど便利な機能2つを紹介

Apple iPhone

IPhone

iOSがアップデートされると、視覚的に分かりやすい新機能ばかりに目が行きますが、地味でも便利な機能があります。

今回は、少し前のiOS8で追加された機能と、最新のiOS9で追加されたもので便利な機能をご紹介します。

1.バッテリーが切れる前に位置情報を送信する機能

この機能はiOS8から追加されましたが、存在を知らない人も多いのではないでしょうか?

 

皆さんは、「iPhoneを探す」機能は有効にしていますか?

iPhoneを紛失した際に、GPSiPhoneの場所を探す機能です。

 

今回紹介する機能は、その「iPhoneを探す」機能のオプションです。

iPhoneを探す」は、対象のiPhoneの電源がONでないと探すことはできません。

バッテリーが切れてしまった場合、例えば道路の茂みに落ちてしまったiPhoneを見つけることは困難です。

この機能を有効にしておくと、バッテリーが切れる直前の位置情報をAppleのシステムへ自動送信してくれます。

 

下の写真はバッテリーが切れてしまったiPhoneを、iCloudのiPhoneを探すサイトから探してみた結果です。

バッテリーが切れてから数時間たった後に探しましたが、iPhoneの場所が表示されてます。

”古い位置情報”と表示されてますね。

00 iCloud iPhone を探す 2

 

設定は以下のように行います。

「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」から、”最後の位置情報を送信”をオンにします。

※初期設定はオフになっています

IPhoneを探す

2.低電力モード

2つ目の機能は「省電力モード」です。

iOS9で追加されました。

この機能を有効にすると、アプリのバックグラウンド更新や自動ダウンロード、ビジュアルエフェクトが停止・抑止され、バッテリー消費が抑えられます。

 

自分の環境では、10%程度バッテリーが長持ちしました。

 

設定は以下のように行います。

「設定」→「バッテリー」から、”低電力モード”をオンにします。

オンにすると、画面右上のバッテリーステータスバーの色が黄色に変わります。

IPhone バッテリー消費

最後に

紹介した2つの機能は地味ですけど、とても便利です。

ぜひご活用下さい。