naisanpo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naisanpo

デジタルガジェットから写真/カメラ/旅、セキュリティのことまで。

WiMAXをGMOとくとくBB(MVNO)に変更した結果

WiMAX

自宅のネット環境をWiMAXにしてから2年程経過しました。

フレッツ光からWiMAXに変更した感想をこちらで書いています。

 

WiMAXの契約縛り2年が迫っていたので、契約内容を見直すことにしました。

 

価格コムで前から気になっていたキャッシュバック

価格コムのWiMAXページには、魅力的なプランがイッパイ。

2年契約するとキャッシュバックがウン万円。

 

ちなみに、今まではUQコミュニケーションズの純正WiMAXで契約していました。

理由は速度。

価格コムから契約できるキャッシュバック付きのWiMAXは、MVNOといわれる形態。

UQコミュニケーションズのネットワークインフラを別の事業者に貸し出すアレです。

 

MVNOは借りているネットワークを使うために、純正のWiMAXに比べて何か制限がかかるのではないかという恐怖感がありました。

WiMAXは帯域制限をしないと明言していますが、信用していませんでした(笑)

 

GMOとくとくBBにしてみました

ですが、キャッシュバックの誘惑に勝てず、思い切って変更してみました。

契約したのは「GMOとくとくBB」

キャッシュバックは3万円くらいでした。

 

速度測定

今までのWiMAXUQコミュニケーションズ)とGMOとくとくBBで速度比較をしてみました。

ただし、機種が違うので純粋な比較はできませんでした。(測定場所は同じです)

 

UQコミュニケーションズは「AtermWM3600R」

 

GMOとくとくBBは「URoad-Aero」

 

測定結果

意外な結果に・・。

 

UQコミュニケーションズ

ダウンロード:7.55Mbps アップロード:2.08Mbps 

00IMG 4730

 

GMOとくとくBB

ダウンロード:9.81Mbps アップロード:2.77Mbps 

00IMG 4731

 

どちらも何回か測定しましたが、殆ど同じ結果になりました。

後継機のURoad-Aeroのほうが早いんですね。事業者関係なく。

 

ちなみに、GMOとくとくBBに変更してから3ヶ月くらい使用していますが、速度が遅いと感じる時間帯は特にありませんでした。

時間帯によって制限もしていないようですね。

 

変えてよかった。