naisanpo

デジタルガジェットから写真/カメラ/旅、セキュリティのことまで。

WordPressのサーバをロリポップからConoHaに引越しました

Konoha 7

このブログはWordPressを使用していまして、今までは「paperboy&co.」のロリポップというレンタルサーバで運営していました。

そのWordPressを動かすサーバを、GMOインターネット社のクラウドConoHa」に移行(引越し)しました。  

引越した理由

まず1つは、昨年ロリポップサーバで起きたサイト改ざん。

このブログも被害の対象となり、復旧にいろいろ手間が掛かりました。

 

2つ目の理由はサーバスペック。

このブログも少ないながらアクセスを頂いているので、サイトの表示速度は気になります。

ロリポップでは、時間帯によってサーバ(かネットワーク)が遅い時があるように見受けられました。

 

以下はスペック・料金などの比較。

対象 ロリポップ ConoHa
root権限 無し 有り
CPU 非公開 2Core
メモリ 非公開 1GB
ディスク容量 50GB 100GB
ネットワーク帯域 非公開 100Mbps(共有)
データ転送量 5GB(1日) 制限なし
初期費用 1,575円 無し
月額 263円(6ヶ月以上契約) 976円

 

ConoHaはプランがいろいろありますが、メモリ1GBのプランを選択しました。

月額費用は高くなりますが、スペックは上がっています。(ロリポップは非公開ですが、きっと上がっています)

ちなみに、ConoHaのCPUは「Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2670 0  2.60GHz」という良さ気なものが使われているようです。

 

最後の理由は自由度の高さ。

ConoHaはroot権限もあるので、基本的にはなんでもやり放題です。

ロリポップではできなかったこと(リソース監視や定期的な差分バックアップなど)が出来るようになり自由度が高まりました。

 

あと、キャラクターも格段に可愛くなりました(笑)

ロリポップおじさんから少女に変わりましたからね・・。

 

引越してみて

まだ引越して日が浅いですが、体感レベルではかなり早くなっています。

サーバのリソースを見ても、まだまだ余裕な感じです。

 

ConoHaはバックアップ(スナップショット)も簡単にとれるので、精神的にもいいです(笑)

※バックアップにはサービスを止める必要があります

 

今回は勉強の意味合いもあり、WordPress関連の構築を自分で行いましたが、最近「WordPress」のテンプレートができたようなので、サーバにそこまで詳しくない人でもすぐに構築できると思います。