naisanpo

デジタルガジェットから写真/カメラ/旅、セキュリティのことまで。

エビデンス

社会人になると会議で議事録をとることが多いと思うが、
最近"議事録のあり方"について考えることがある。

議事録とは本来、会議での議論の内容・決定事項・宿題事項などを記録として残すものだ。

会議に出席していない人へ内容を共有する手段としても使用されるが、
一番の目的は"エビデンス"を残すことだと考えている。
言った言わないの議論を回避するためだ。

しかし、どんなに詳細に記載しても、細かなニュアンスが伝わらないことがある。
この細かなニュアンスで、後々問題になることが最近多い。


発言者のAさんは、こうゆう意図で言ったつもり。
であっても、Bさんは別の意図で受け取っていた。など。

そうなった場合、検証する手段は、出席者の記憶と議事録のみ。
あいまいな記憶は、自分に都合の良いように記憶している場合が多いのであてにならない。
不毛な議論が続くことに・・・

そこで・・・

議事録は文章

という、固定概念に囚われず
動画として残すのが良いのではないかと考えている。

誰が発言したかも明確で、身振り手振りもわかる。
もちろん100%ではないが、文章よりはニュアンスが伝わりやすい。

もちろん、一覧性という意味では文章が一番有効なので、
文章+動画
という形式で残す方法が一番と考える。

動画を保存する領域や、撮影機材はどうするのか?
という疑問は、今は低コストで調達できるので、大した問題にはならない(はず)。


しかし、上記手法を社内で広めることは簡単だと思われるが、
ユーザ先で実行するには、固定概念という障壁があり、直ぐには浸透は難しいかもしれない・・・

ご登録お願いいたします(^^)
Twitter
Google+
RSS
Facebook

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング


【関連記事】